認知度

耐熱温度と乳酸菌

胃腸や膣内に生息する乳酸菌、私たちはそれらを主に納豆やキムチ、またヨーグルトやチーズなどの食品から摂取していますが、どのような食べ方が一番良いのでしょうか。
まず、乳酸菌の耐熱温度は、約40度~60度です。
それ以上の温度になると死滅します。
死滅した乳酸菌が体へ及ぼす影響については生きたものよりも少ないと言えます。
ですから、そういった乳製品や発酵食品などを食べる際には加熱しない、または加熱しすぎずに食べると良いでしょう。
逆にどれだけ冷やしても乳酸菌は死滅しませんので、冷凍保存などは行っても大丈夫だと言えます。

生きたまま届けるためには、プロバイオティクスのヨーグルトや乳酸菌飲料、それにサプリメントを用いると効果的です。
なぜかというと、乳酸菌は高温で死滅する以外にも、食べ物を消化する胃酸によって分解されてしまいます。
ですから、生きたままの乳酸菌を腸に届けるヨーグルトやサプリメントを食べることがおススメです。
実際に生きたまま効果的な乳酸菌を腸に届ける技術開発にとおいては日進月歩であり、各メーカーや研究機関によって開発が行われています。
もっと乳酸菌に関する研究が進んで、風邪予防やガン予防などの分野にも活用されていくことが期待できます。